minoakaについて

サポートの必要な方でも楽しめる!
「ケア向けクラフトキット」
のブランドです。

minoakaでは、
自己選択
自己決定
役割を担う
をコンセプトにクラフトキットを
ご提供しています。

訪問看護リハビリステーション
ひなた庚午
作業療法士 
高杉亮先生からの
推奨コメント

minoakaのクラフトキットは、制作工程が分かりやすく、ご自分でも工夫でき、バリエーションに富んだ作品ができることが魅力です。
minoakaの様々なクラフトを活用し、
・脳の活性化
・手指巧緻性
・手と目の協調性
・視空間認知
・手指の把握力 など
様々な機能の改善が期待できます。
ちょっとしたサポートで、ケアの必要な方も創作を楽しむ事ができるようアレンジされています。
ぜひ、医療・介護サービスの現場やご家庭で取り入れてみてください。

クラフトキット一例

パールの
リボンネックレス
(シルバー)

ハンガー
アレンジメント
(ピンク)

パールの
リボンネックレス
(ゴールド)

ハンガー
アレンジメント
(白×グレー)

眼鏡コード
(パープル)

サシェアレンジ
(ピンク)

ハンガー
アレンジメント
(ピンク)

ケアキット開発プランナー

ハンドメイドアクセサリーprunelle 
荒木仁美 

          【活動内容】


アクセサリー教室主宰、オンラインショップ運営
マルシェやイベントでの販売・
ワークショップもしております。

2015年~ レッスン開始
2016年~ マルシェでアクセサリー販売開始
2017年~ アクセサリー教室prunelle始動

1999年1月 色彩能力検定1級取得
2015年1月 日本グルーデコ協会(JGA)認定講師資格取得
2019年3月 Muse Accessories認定講師資格取得

フラワーサロンLittle Garden 
主宰 岩崎綾

【活動内容】

ワークショップ企画・運営/個別レッスン/イベント出展/オンラインショップ/事務所装花/ 生花、ドライフラワーを中心に制作販売も行う


2014年〜都内生花店勤務
2017年無店舗型フラワーショップ フラワーサロンLittle Garden活動開始

 

現在は「ファッションとドライフラワー」
東京・原宿のセレクトショップでお花を日常的に楽しんでもらうためにファッションアイテム制作もスタート

ケアキット開発 ディレクター

株式会社アテリア 小代有美

          【活動内容】

学びながら稼げる実践型ネットショップ講師・
アプリ企画・運用
ネットショップコンサルタント 
ハンドメイド材料卸・販売


2011年 ハンドメイド材料店創業
2020年 BASEで月5万稼ぐHAPPYネットショップ副業
出版
2021年 ケアキットディレクターとして参画



10年間のアクセサリー材料卸経験を元に、
ケアキットディレクターとして参画。
クリエイターとイベンターをつなぐアプリを制作・開発2022年のリリースに向けての活動を強化している。

minoakaが大切にしている
2つの事


「自己選択・自己決定」について

 

minoakaの商品は、1種類のクラフトキットに必ず、色違いやデザイン違いをご用意しています。
これは、まずご自分でどのキットを制作するか?を選んでいただく事が大切だと 考えているからです。

皆様が同じものを作るのではなく、 ご自分や完成させた後差し上げたいと思っている方に「どれが似合うかな?」と考えて頂き 選ぶ事も、自己表現のひとつ。

これは、minoakaを立ち上げるきっかけになった当社のデイサービスである 「リハビリデイサロン満天」のご利用者様から学んだことでもあります。

minoakaでは、実際に制作する前の「ご自分で選んで頂き、決める」というプロセスを大切にしています。

「役割を担う」について

多くの介護施設のスタッフの方から、

「リハビリになるからとクラフト制作をおすすめしても、やっていただけない」

「完成品をお持ち帰り頂くと、ご家族からクレームが来ることがある」というようなお声を
よくお聞きします。

 

もちろんクラフト制作はリハビリにとても効果的ですが、ただ単にリハビリだから、という理由で続けられるわけではありません。

また、様々なクラフトを完成させてご自宅に持ち帰られても、ご家族から「このようなクラフトは残念ながらおうちには飾れないし、処分も大変です」
と言われてしまうケースもあります。

 

これは、制作した方や介護施設のスタッフに問題があるのではなく、クラフトのデザインに問題があるから。

minoakaのクラフトキットは、

「私が気に入ったので、母にひとつ追加でのクラフトを作って持ち帰らせて欲しい」

というご家族からのご要望や、

「孫が欲しいと言うから、色違いをもう一つ作りたい!」

というご利用者様のご希望を頂けるようなデザインにこだわっています。


誰かから作って欲しいと言われる事、役割こそが、ご利用者様を元気にし、リハビリを頑張ろうという意欲につながるのです。


代表 村上 紀子

「役割を担う」について

多くの介護施設のスタッフの方から、

「リハビリになるからとクラフト制作をおすすめしても、やっていただけない」

「完成品をお持ち帰り頂くと、ご家族からクレームが来ることがある」というようなお声を
よくお聞きします。

 

もちろんクラフト制作はリハビリにとても効果的ですが、ただ単にリハビリだから、という理由で続けられるわけではありません。

また、様々なクラフトを完成させてご自宅に持ち帰られても、ご家族から「このようなクラフトは残念ながらおうちには飾れないし、処分も大変です」
と言われてしまうケースもあります。

 

これは、制作した方や介護施設のスタッフに問題があるのではなく、クラフトのデザインに問題があるから。

minoakaのクラフトキットは、

「私が気に入ったので、母にひとつ追加でのクラフトを作って持ち帰らせて欲しい」

というご家族からのご要望や、

「孫が欲しいと言うから、色違いをもう一つ作りたい!」

というご利用者様のご希望を頂けるようなデザインにこだわっています。


誰かから作って欲しいと言われる事、役割こそが、ご利用者様を元気にし、リハビリを頑張ろうという意欲につながるのです。


代表 村上 紀子

お問い合わせ

ご質問等ございましたらお気軽に
お問い合わせください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。

連絡先等
〒221-0052
神奈川県横浜市神奈川区栄町5-1 
横浜クリエーションスクエア14階
minoaka 
電話:045-620-6623